totoBIG 当選研究会。

 

【過去の実績】

楽しく試行錯誤し1等6億当選を目指します。

2016年度当選予想ptの推移

2016年度当選予想ポイント

2016年の販売口数は232,893,079口、当選口数は103口、理論当選数は48.7です。 第838回(熊本震災)では開催されない試合は当たりとして扱い、1等当選が66口発生しました。 よって、他年度と比較するのは困難な数値となっています。

2015年度当選予想ptの推移

2015年度当選予想ポイント

2015年の販売口数は268,707,792口、当選口数は61口、理論当選数は56.2で当たり過ぎの傾向です。 1等当選金10億の特別開催回は、第745回で6口、第775回で2口、第806回で6口1等が発生している。

2014年度当選予想ptの推移

2014年度当選予想ポイント

2014年の販売口数は265,928,804口、当選口数は46口、理論当選数は55.6で外れ過ぎの傾向です。 第678回は1等当選金10億の特別開催回で1等は3口発生して、第720回は1口発生している。

2013年度当選予想ptの推移

2013年度当選予想ポイント

2013年の販売口数は222,603,366口、当選口数は40口、理論当選数は45.6でやや外れ過ぎの傾向です。 第662回は1等当選金10億の特別開催回で1等は9口発生している。

2012年度当選予想ptの推移

2012年度当選予想ポイント

2012年の販売口数は194,866,351口、当選口数は41口、理論当選数は40.7でやや当たり過ぎの傾向です。

2011年度当選予想ptの推移

2011年度当選予想ポイント

2011年の販売口数は176,009,404口、当選口数は33口、理論当選数は36.8でやや外れ過ぎの傾向です。 KDDIのau oneでBIGの購入が可能に! 東北地方太平洋沖地震の影響によるスポーツ振興くじ販売中止(第489回~第496回)

2010年度当選予想ptの推移

2010年度当選予想ポイント

2010年の販売口数は227,405,183口、当選口数は40口、理論当選数は47.5で外れ過ぎの傾向です。 モバイル版Yahoo! toto でBIGの販売を開始! 「楽天toto」を開設 楽天会員IDでtotoやBIGの購入が可能に!

2009年度当選予想ptの推移

2009年度当選予想ポイント

2009年の販売口数は170,430,636口、当選口数は43口、理論当選数は35.6で当たり過ぎの傾向です。 ジャパンネット銀行携帯サイトでtotoの販売を開始! 全国のサークルKとサンクスでスポーツ振興くじtotoの販売開始!!