totoBIG 当選研究会。

 

【totoBIGの特徴】

楽しく試行錯誤し1等6億当選を目指します。

ロトやナンバーズとは違うtotoBIGの楽しみ方。

毎週totoBIGを10口購入して、週末の当選発表を楽しみにしている方は多いのではないでしょうか。 そのうち当たらないからしばらく買うことをやめる。でも、お金が必要になった時にまた毎週購入を始める。 当てれ、当たれ、と念じながら購入金額は「当てたい気持ち」に比例して上がっていきます。 もちろん、強運、豪運の持ち主なら、これでもいきなりドーンと6億が当たるかもしれません。 『totoBIG 当選研究会』では、ちょっとした買い方で他の人より当選確率を上げて週末の当選発表をより楽しみます。 他の人と違った購入方法を考えることにより、週末の当選発表をより楽しみ、6億当選をグーンと引き寄せます。 同じ当選結果を見るのも「当たらないよな」とハズれて落胆するより、「どうすれば当たるのか」と前向きに考えて研究する方が活気がでます。1口300円をもっと、もっと、楽しんでエキサイティングな週末をお過ごし下さい。 totoBIGの当選予想は、 ロトやナンバーズの数字出現率を分析することや、totoのJリーグの勝敗を分析することは必要ありません。 『totoBIG 当選研究会』では、すごくシンプルで”いつ”、”どこで”、”いくら”を買うかを考えればいいだけです。 ■いつ、totoBIGを買う?    毎回購入して”いつかは当たるだろう”、”そのうち当たるだろう”もいいですね。    0口当選(未当選)の開催回には買いたくないですね。    逆に複数当選が出る開催回に買いたいですね。    買わないで見送るという選択肢もあることをご存知ですか。 ■どこで、totoBIGを買う?    便利だからいつも家や会社の近くで買うというのもいいですね。    ネット購入の増加によりコンビニではもう当たらないのか。    店舗購入とネット購入とでは当選している媒体で買いたいですね。    楽天totoサイトや楽天銀行サイトでも1等6億当選が続出していることはご存じですか。 ■いくら、totoBIGを買う?    購入金額をどんどん上げていくのはキリがありません。    年間通して金額が同じであれば集中購入も考えたい。    しばらく我慢していつもの10回分をドーンと購入して当選結果を見るときはドキドキですよね。 totoBIGの特徴
運営の実態
1等の善悪

実績データから当選予想。

totoBIGは2006年に発売され、1年に約35回開催されています。 2011年(第493回~第497回)は東日本大震災の影響で若干イレギュラーな実績データも発生していますが、 標本データとして抽出し、統計や傾向が明らかになり、当選予想が可能になりました。確率変数、標準偏差、正規分布、 分散などは学問の中の言葉や呪文。シグマΣやシータθをみるだけもウンザリと言う方にも分かり易く 『totoBIG当選研究会』の研究成果の一部を解説していきたいと思います。 totoBIGの当選予想は、毎回公表される当選口数、 投票口数から当選確率を算出し理論値との乖離で判断します。過去データを大切に分析し、数学に基づき当選予想するので開催回を重ねる程、 予想の精度は上がっていきます。残念ながら当選予想は予言ではありませんので「次回どこどこのコンビニで3口買えば当選します」とは当選予想ができません。 但し、数学に基づいた確度の高い当選予想をお届けしたいと考えております。少しでもtotoBIG購入者、宝くじファンの方々の参考になれば幸いです。