totoBIG 当選研究会。

 

【1等の善悪】

楽しく試行錯誤し1等6億当選を目指します。

『totoBIG当選研究会』は1等当選を狙います。

インフレ時代に備える1等当選。 デフレ脱却と経済成長を実現するために10兆円以上のの支出が発生する政策。 その裏に国債残高の拡大があります。 平成24年の財政歳出90.3兆に対して国債費(返済)は21.9兆。年収500万の会計でいうと借金返済が121万していることになります。 但し、年収250万は借金。景気回復に気を取られ少子化、高齢化、医療介護、事業仕分けはどこへいったのでしょうか。 潜在的な問題を抱えたままインフレ時代に突入します。あなたの人生設計は順調ですか?億の貯蓄が必要となる今後に備え、 ゆとりをもって1等当選にチャレンジしませんか。    将来の不安要素       支出の増加            生活必需品の物価上昇。            保険料や年金支払額の上昇。            消費税10%や復興税の徴収開始。            教育費や医療費の上昇。            国債金利上昇の伴う住宅ローンや企業借入金の利息上昇。       収入の減少            賃金や給与上昇の停滞。            年金支給額の減少。       突発的な支出            病気や事故や介護に掛かる支出。            防災費や災害復旧の支出。 「無欲の勝利」という言葉があります。カリカリとやたら気をつめて、買いまくっても当たらないときは当たらない。 楽しみながら粛々と気長に購入し続けると、アルファー波が発生し、いきなり当選するかもしれません。 使い道をあれこれと思い浮かべながら、ゆとりをもって楽しみましょう。
totoBIGの特徴
運営の実態
1等の善悪

僕が僕であるために

あなたは助けを求めてきた人を救えますか。あなたの大切な人を守れますか。 もし、東日本大震災の被災者に知人がいらっしゃった場合にあなたはその方にどんなことをしてあげられますか。 優しい言葉をかけ、可愛そうと同情し、話を聞いてあげるは大切なことと思います。ただ、心の傷を癒すには時間と本人の志が必要です。 私は将来のたくましく歩んでいってもらえる環境を少しでも整えてあげるのも優しさと考えます。 経済支援もそのひとつです。今日、明日の小額資金でなく、住むところを確保し、仕事や事業を立て 直すための長期的、計画的なまとまった経済支援は生きていく希望や安心につながります。 もし、あなたの愛する人が病気の両親のために入院費の調達や介護の労力で心身共に限界が見えていたらどうしますか。 せめて入院費負担でも取り除くことができれば、移動時間を全てハイヤーで賄えたら、時間的、体力的に余裕ができ笑顔も増えると思います。 お金があり過ぎると不幸になると言われる方がいますが、使い方だと思います。 余裕がないと人を助けることは困難です。人は自分の安全が確保でき、自分に力がないと人を守れません。 また、身を削り苦境を抱え困窮してまで肉親如く相手のことを救済しても、救われた側は罪悪感が残ります。 経済的に強いということは可能性が広がり、選択肢を増やします。そしてやりたいことが実現します。 あなたがあなたであるために...。