totoBIG 当選研究会。

 

【問い合せ】

問い合せ

『toto BIG 当選研究会。』に対するご意見やご感想、ご要望をお聞かせください。 頂いたご意見などにつきましては、今後の参考にさせていただきます。 より良いご意見などを頂いた場合は、当ホームページに反映させていただくこともございます。 内容によっては、お答えに時間を要する場合やお答えできない場合もありますのでご了承ください。


件名は、【totoBIG当選研究会問合せ】: の後にご記入ください。
送信メールは  ここ (zamoc@totobigz.com)




サイトマップ

トップページ:当選結果と当選確率の実績から購入時期を当選予想して1等6億を狙う「totoBIG当選研究会」
確率の比較:totoBIGの当選確率は480万分の1、ジャンボ宝くじは1000万分の1の当選確率だがtotoBIGには未当選があるので要注意。
期待値比較:totoBIGの当選金は6億円から10億円、15億円の可能性がありそれに伴い期待値もより高くなる可能性があります。
組合せ発行:販売口数が480万口を超えても発行される組合せは480万とは限らない。totoBIGの組合せ範囲を設定するのは主催者。
大数の法則:"大数の法則により当選確率は480万分の1に近づくことを利用し当選予想の精度を上げていく。
予想値算出:販売口数と理論確率480万分の1から理論当選数を算出し、実当選口数と比べる当選予想ポイントpt。
過去の実績:当選結果から当選予想ポイントを算出した過去の実績を見返し今シーズンを予想する。
当選売場:totoBIGの当選確率は480万分の1、ジャンボ宝くじは1000万分の1の当選確率だがtotoBIGには未当選があるので要注意。
当選確率:販売口数と当選口数からの当選確率ではなく理論確率480万分の1から理論当選数を算出し当選口数と比べる。
当選媒体:ネット当選の主役はオフィシャルサイトと楽天銀行であるが楽天銀行はイーバンク銀行を継承していることをお忘れなく。
当選地域:までまだ可能性はある特約店とコンビニ当選。東京、大阪以外もどの県でも当選する可能性は残されています。
末当狙い:高額当選者の方は匿名で経験談や使い道をお聞かせ下さい。
当選予想:当選結果から当選予想ポイントを算出した過去の実績を見返し今シーズンを予想する。
運営の実態:改正スポーツ振興センター法によりキャリーオーバー時に15億円まで可能になった1等当選金をどう活用するか。
当選占いと開運集:神頼みすることではないが最後は開運・占い・神頼み
リンク集:相互リンクでSEO対策をお考えの方はお気軽に連絡下さい。
問い合せ:高額当選者の方は匿名で経験談や使い道をお聞かせ下さい。
:
:
: