totoBIG 当選研究会。

 

運命は努力した人に偶然を与える。

楽しく試行錯誤し1等10億当選を目指します。

当選売場

当選売場


もし、あなたが購入した売場・媒体で1等が出ていたら今すぐ当選確認を。今週はどの売場、どの媒体でご購入?

» 詳細はこちら。

当選予想

当選予想


1等当選の当たり過ぎ、外れ過ぎを計算し確率・統計に基づき当選予想。購入タイミングと集中購入で1等を狙います。

» 詳細はこちら。

楽天toto


楽天ポイントを貯めている方は、1等当選の実績も多い楽天totoサイトでの購入で1等の当選狙いをお勧めします。

楽天toto

楽天銀行


ネット購入での1等当選が増えていく中、私は比較的競争相手の少ない楽天銀行サイトでの購入で1等を狙います。

楽天銀行BIG・toto

1等10億円の当選検証

10億円の当選結果

1等当選金10億円の特別開催も過去8回。10億円の当選金は非常に魅力ありますが年々販売口数が少なくなるのが現状です。 特別開催が初めて実施された第662回2013年11月は、キャリーオーバー80億円を超えていた事もあり、景気よく9口の1等当選がありました。 第806回は、特別開催が始まって以来1等当選金は10億円ではありませんでした。ルール上1等当選金が10億円を下回ることがあると公言しているものの、 CMや広告で1等10億円と連呼している中、1等当選が10億円を下回ることや1等当選口数が理論当選数を下回ることは購入者を落胆させます。なお、第940回の1等未当選は興ざめですよね。

今後はさらに販売口数が減少していくことが予想されます。ジャンボ宝くじも1等当選金が10億になりtotoBIG離れが増えていくことを逆手に 根強くtotoBIGを購入していくことはライバルが減りより1等当選の可能性が高くなると考えます。

通常開催は1等未当選が頻繁に発生しますが、特別開催は未だ1等未当選はありません。 当選結果から考えると今後も特別開催での1等未当選発生の可能性は低いと推測し、通常開催よりも1等の当選は期待できます。

    
    
[1等当選場所は当選売場で]     
[1等当選口数の偏りは組合せ発行で]     
[通常開催の累計値は過去の実績で]     
[バックナンバーはこちら]